ティーガー i 戦車

ティーガー

Add: emipexic78 - Date: 2020-11-29 01:51:49 - Views: 9099 - Clicks: 3885
/112/560ca02de4e69 /59-b042cd0354df9 /164-2bcfa7a1e /93426167

中期型(新型砲塔、対磁気コーティング導入) 1. 本稿での表記は ティーガーII で統一する。. この戦車の一番の特徴はなんといってもその当時破格の重装甲と火力にあるだろう、 砲塔前面防盾100~110㎜、砲塔前部100㎜、砲塔周囲馬蹄型曲面の垂直80㎜、砲塔上面25mm(1944年3月製造の生産991号車より40mm)車体前面100㎜、側面、後面80㎜、側面下部60㎜、上面、下面25mm、特に正面はアメリカのM4シャーマン戦車の75㎜砲では零距離でも貫けず、側面でも300m以内に近づかなければ射貫できなかった、ソ連赤軍のT-34/85の85㎜砲では500m以内に近づかなければ側面を射貫できなかった、一方ティーガーⅠの8. 外見的特徴: 潜水装備廃止。スライドハッチ式の新型キューポラに変更。左側面に残っていたMPポートバイザーが装甲栓形式に変更、最終的に廃止されている。転輪は初期型と同じく直径800mmのゴム縁タイプとなっている。9月になると対磁気用のツィンメリット・コーティングが導入された。 1. ドイツ軍傑作重戦車ティーガー1 中期生産型が登場します。 車体下部はスライド金型による一体成型、履帯は分割組み立て式です。 ティーガー1 中期生産型に見られるツィンメリット・コーティングは別途プラスチックシートでパーツ化。.

. 製造: 1943年7月~ 1. 製造: 1942年5月~ 1. 45m 車体長:6. ii ドイツ軍 ティーガーi 初期型 第501重戦車大隊 北アフリカ戦線 オクセンコフ作戦 (プラモデル) dragon(ドラゴン) dr6328 ミリタリープラモを通販で販売しています。. 181 タイガー1型,ティーガー系列車輌,WW2 ドイツ 重戦車,WW2 ドイツ 戦車,ドイツ 戦車,,プラモデル に関するアイテムを取り扱っています.

8cm砲、全面装甲厚100mm、側・後面装甲厚80mmと攻撃・防御面に持てる工業力の全力を振った証が性能に現れている。しかしトレードオフとして機動性・航続距離などはかなり貧弱となっており、開発コンセプトであった重突破戦車となるには決定打に欠ける製品となってしまった。最も、本戦車の配備が本格的に進む頃にはドイツ軍は攻勢から一転して防戦となっていってしまったのだが、それはまた別のお話。ともかくドイツはパンターと本戦車、そして既存の戦車の改良型を取り入れることでソ連の機甲師団に対抗したのである。なお、勿論この戦力アップした分の余波は西部戦線にも影響を与えた。イギリスを始めとする連合軍には独ソの戦車開発競争に巻き込まれていい迷惑であった。 ティーガーの強さは半ば神格化され、相対した連合軍にとっては恐怖の的であった。特に米英仏の戦車の殆どが虎の厚い鋼鉄の皮膚を正面からまともに貫けず、一方的に狩られる相手だった。 そのため、連合軍の兵士から恐怖の的とされて実態以上に恐れられタイガーフォビア(タイガー恐怖症)に歳悩まされ、タイガーではないドイツ戦車を見ただけで歩兵が一目散に後退するなどの事例があった。 しかし、足回りの弱さ、航続距離の低さから攻勢よりも守勢で活躍を見せるタイガーは、キャンペーンの「最後の虎」のようにドイツの劣勢時にこそ活躍の場を見せた時代の徒花というべき存在だったのだろう. ウォーダディーは一人でも戦うと戦車から離れない、そして部下に向かって「皆逃げろ」と言い放つ。しかし4人の部下はここで戦うことを決心する。 ありったけの弾丸を確保し、戦車の前面に死体を括り付け、戦車の中で待ち伏せ攻撃の体制を整える。敵を充分引き付け戦車砲と機関銃の一斉射撃を行う。 ドイツ軍に多大な損害を与えたものの、弾丸が底をつき仲間が次々と死んでゆく、ウォーダディーも負傷し動けない、彼は一人残ったノーマンに戦車底部のハッチから逃げろと告げる、その時上から手りゅう弾を投げ込まれる。 間一髪ノーマンは戦車から脱出し、対戦車地雷で出来たくぼみに隠れる。ノーマンは若いドイツ兵士に発見されるが、若い兵士は何もせず、何故か通り過ぎて行った。 翌朝到着したアメリカ軍によってノーマンは発見される、そして「お前はヒーロー」だと言われる。破壊された「フューリー」の周りにはおびただしいドイツ軍兵士の死体が横たわっていた。. 戦争の悲惨さ、むなしさが残るラストだが・・・・・・実際の戦場はこんなものではなかったであろう。ここではいつもの通り米兵の視点で全編貫かれている。(ドイツ軍兵士の描き方が、徹底して非人間的に描かれている。) ただ何故若いドイツ兵はノーマンを見逃してくれたのであろうか・・・・・ヒトラーの親衛隊と言えども、強制的に入隊させられナチスに反感を持った若者なのか・・・・・映画はなにも答えてくれない。 この映画は戦争をゲーム的に見てしまいそうな恐ろしさがある。・・・・・・反戦映画とするには、ブラッド・ピットがあまりにもカッコ良すぎる。 辰々. ^ 『ティーガー戦車』付録9、「試作型および派生型の諸元表」243頁。 ^ ドイツ戦車発達史 128頁 ^ 『PANZER』98年2月号、「ティーガー重戦車Part1 その開発経緯とバリエーション」54頁から55頁。. 製造: 1944年3月~ 1. 8cm自走砲 "シュトゥーラー・エミール" │ │ │ │ │ └─ VK3601(H) │ │ │ │ │ └─ VK4501(H) │ │ └─ VI号戦車"ティーガー" │ │ │ │ ││└─ シュトゥルムティーガー │ │ │ │ │└── ラムティーガー │ │ │ │ └─── ベルゲティーガー │ │ ティーガー i 戦車 │ │ │ │ │ └─ ティーガーII │ │ │ ├─ ヤークトティーガー │ │ │ └─ グリレ17(計画のみ) │ │ │ │ │ └─ VK**** "レーヴェ"(計画のみ) │ └─ ポルシェ社設計 │ │ │ └─ VK3001(P) │ │ │ └─ VK4501(P) │ │ ├─ フェルディナンド │ │ ├─ エレファント │ │ ├─ ポルシェティーガー │ │ └─ ティーガー(P)戦車回収車 │ │ ティーガー i 戦車 │ └─ VK4502(P) (計画のみ) Entwicklungstypen計画 ── E-75(計画のみ). VK4501 (P) 、または VI号戦車ティーガー (P) (Panzerkampfwagen ティーガー i 戦車 VI Tiger (P))は、 第二次世界大戦 中のドイツで開発された 戦車 である。 俗に ポルシェティーガー (Porsche Tiger)とも呼ばれる。. ティーガーは装甲が100ミリというなので、一部の戦車を除いてほとんどの戦車の砲弾を弾くため、比較的装甲の薄い側面や後面に回り込む戦法をとっていたと思われます。 なのでティーガーの側面に回り込んでドカーンとやった結果できた砲弾痕を作ります。.

More ティーガー I 戦車 videos. See full list on dic. 【ティーガーi】ドイツ戦車にツィンメリットコーティングを再現する方法.

外見的特徴: 砲塔上面に中から発射できる近接防御兵器(Sマイン)が装備されている。キューポラは中期型と同じものを装備。わかりやすい特徴としてゴム縁タイプであった転輪が鋼鉄製タイプに変更されている。そして、この転輪の採用と共に転輪の配置構成が変更されている。 1. ティーガー i 戦車 製造: 1944年2月~ 1. 製造: 1942年12月~ 1.

ドイツ陸軍で使用されたティーガーI戦車用履帯防滑具です。ご覧の様に錆が全体に回っており、表面の腐食もある程度進んでいます。また画像6枚目でお分かりの様に下部側面にへこみが確認できます。その他は特に気になるダメージも無くラッチのバネも健在で、履帯への取外しも可能です. ティーガーI は、主要な敵戦車であるT-34、M4中戦車、チャーチル歩兵戦車を1,600メートル以上の遠方から撃破できた。 対照的に、76. ティーガーのラインナップでも異色中の異色キット。ぜひあなたのコレクションに加えていただきたい一作です。 508重戦車大隊が製作したミステリアスな車両 失われたクレーン部分を再現 シャープなモールドと適材適所のエッチング. ティーガーi 重戦車 長袖tシャツ 連合軍戦車兵が恐れたドイツの重戦車です。 比類なき攻撃力と重装甲を手に入れた虎は 戦局が不利になる中、圧倒的な存在感を示し伝説を作り上げました。 クルスク戦ではティーガーiが18輌の損失に対し. 第二次大戦期に「戦車大国ドイツ」で生まれた、ティーガーi。敵戦車を噛み砕く「戦場の猛虎」の誕生と活躍を描く連載. kfz(Sonderkraftfahrzeug、特殊車両番号)181 第二次世界大戦中、連合軍兵士をティーガー恐怖症(タイガー・フォビア)という恐怖の底に陥れ数々の伝説を作った鋼鉄の虎、それがティーガーIである。 この戦車は同時代の戦車と比べ破格のぶ厚い重装甲及び同時代の敵をほぼ一撃で撃破できる威力及び正確さを持った強力な砲を持ち、その代り機動力を犠牲にし、戦車戦を生き延び、敵戦車を撃破する戦闘力に特化した重戦車である。 なお、プラモデルではティーガーIではなくタイガーと表記されている(読み方の都合上). ドイツ軍傑作重戦車ティーガーi 後期生産型が完全新金型で登場します。 車体下部はスライド金型による一体成型、履帯は分割組立て式です。 ティーガーi 後期生産型に見られるツィンメリット・コーティングは別途プラスチックシートでパーツ化。. 今回はそんな ティーガーIのプラモデル(メーカーはタミヤ) を購入したのでご紹介.

ティーガーI 戦車 (初期型),プラモデル,レベル,1/72 ミリタリー,03108 の通販ご案内。この他 タイガー1 初期型,Sd. 全ページのコメント欄について改行は非推奨です。 ガイドライン←コメントを書き込む前に1度、目を通してから書き込みを行ってください。 コメントアウト(非表示)・削除・通報・修正対象等についての記述が記載されています。. ティーガーi はしばしば1. 今回はドラゴンの「ティーガーi ティーガー i 戦車 第504重戦車大隊 ’131’ チュニジア」(dr6820)を使います。 このキットはイギリスのボービントン博物館に収蔵されている 現在唯一の稼動するティーガーを再現しており、 黒森峰車両とも各部特徴が近いと言われています。. 8cm対戦車砲を搭載したVK3001(H) 12. 外見的特徴: 潜水装備あり。初期型キューポラ、砲塔に発煙弾発射器を装備。また、砲塔右側に脱出ハッチが無くMPポートバイザーが付いている。 1. See full list on bfv. ティーガーiは、主要な敵戦車であるt-34、m4中戦車、チャーチル歩兵戦車を1,600メートル以上の遠方から撃破できた。 対照的に、76.

. 最後期型(新型照準器、新型マズルブレーキ採用) 1. ティーガーiは北アフリカ戦線やクルスクの戦いをはじめ、ノルマンディーなど、終戦までその存在感で連合軍を圧倒。 戦車戦で100両以上の敵戦車を撃破したエースと呼ばれた戦車長、コマンダーを多数輩出しました。 ティーガーが一発打てば、敵戦車は1両減ることになる。 シャーマンがティーガーにばったり出会ってしまったら、 シャーマンに生き残るチャンスは全く無い。. ティーガー(Tiger)、英語でタイガー(Tiger)、虎、 バージョン2. 25 でケーニクスティーガーが登場するまでは、 AH 最強の戦車であった。 ティーガーの開発は、1941年5月に出されたVK4501に端を発する。.

本物だけが、"映画の歴史を変える"----その瞬間を見届けよ! 世界で唯一走行可能な本物のティーガー戦車を使った大迫力メイキング映像. 上記の戦闘能力に反比例して機動力は犠牲になっているが、当時の最新技術であり重戦車としては上等なものである。 エンジンは生産250号車までマイバッハ製HL210P45型V型12気筒液冷ガソリンエンジンで排気量21353ccで650馬力/3000rpmを発揮した、このエンジンは当時の戦車用エンジンとしてはかなり進んだ設計でアルミ製のエンジンブロックにSOHC方式2バルブヘッドの弁装置、そして現在の自動車でも使用されている熱伝導率に優れたナトリウム封入バルブを使用している、ただし3000rpm程度ではSOHCの利点を生かしきれず逆に構造が複雑になり故障を促進する結果となっているのと、やはり57トンの巨体には出力不足気味であった、このエンジンは生産251号車から改良され排気量23095㏄にボアアップされ700馬力/3000rpmにパワーアップし、エンジンブロックを戦略物資のアルミから鋳鉄ブロックとしたHL230P45型へと変更された。(ブロックがアルミから鋳鉄製になったので350キロほどエンジン重量が増えたが)トランスミッションは同じくマイバッハ製の「OLVAR」(オルファー)OGA型前進8段、後進4段のセミオートマチック式トランスミッションであり、ヘンシェル社製L600C型操向変速機と一体にされていた。このトランスミッションは油配管と油圧弁と湿式多板クラッチと遊星歯車のお化けのような精緻かつ複雑なドイツの工業技術力の結晶とも呼べるようなトランスミッションで、当時の戦車では珍しくパワーステアリングによる簡便な操作、(指二本でこの57トンの巨体を操作できるとされる)と極めて容易な変速操作を実現していた、さらに構造的に超信地旋回(左右の無限軌道をそれぞれ逆に回してその場で方向転換すること)も可能な極めて先進的な物であった。サスペンションは現在の戦車でも使われているトーションバー(ねじり棒バネ)方式の物で、緩衝能力及び路面追従性に非常に優れ不整地でも良好な走行性能を発揮した。無限軌道の転輪も千鳥配置という前例のない方式が用いられ、転輪の隙間を詰めて接地圧を分散し低減すること及び直径800㎜の大径の転輪(車体側面下部の増加装甲の役割もある)を使うことによる走行性能向上を両立させようとした。 ただし、これらの先進的な走行装置は57トンという過大な重量により戦. ドイツが誇る強力な重戦車。低速ながら重装甲で、砲塔前面に装甲効果のある防盾が装備されている。 主砲は通常の戦車でトップクラスの威力を誇り、いかなる目標にも大ダメージを与えることができる。その分装填速度はチャーチルMK VIIの95mm榴弾砲の次に遅い。 対歩兵戦闘はあまり得意ではなく、小回りが利きにくいため近接戦闘では歩兵の支援が重要となる。Sマインランチャーを装備すれば自衛力を上げられる。 対ビークルにおいて最も輝く車両と言えるだろう。その主砲であらゆる障害を吹き飛ばせ! ツィンメリット 1. 極初期型(先行量産型) 1. 【 タイガーI初期生産型について 】 第二次大戦中盤の1942年末、ソ連のT34やKV-I戦車に苦戦を強いられていた東部戦線、そして米英軍の攻勢の前に後退を余儀なくされていた北アフリカ戦線のドイツ軍部隊に、それまでのIII号、IV号戦車とは一線を画す、強力. 181 タイガー1 初期型,Sd. VI号戦車にはI型とII型の2種類の 戦車 が存在し、それぞれ ティーガーI 、 ティーガーII と呼ばれる。.

18 それじゃぁ、エアブラシでティーガーIを迷彩塗装しよう。. 初期型(マイバッハ製 新型エンジン搭載) 1. ノルマンディー戦線 でこの戦車を見た アメリカ軍 は「 キング・タイガー 」と. ティーガーの生産ラインでは日々改良が続けられていたため、明確な区分というものが存在していない(独軍も分類していない)が、現在一般的になっているタイプの簡単な判別方法を記述する。 1. こちらは東部戦線で活躍したという第505重戦車大隊 312号車のデカールを貼り付けたティーガー。 ティーガー i 戦車 特徴としては砲塔番号を貼るべき箇所には部隊マークが貼ってあり、砲身の根本である防盾に312のデカールを巻きつけるように貼り付けてあります。. 6キロメートル以上の距離で敵戦車を撃破したと言われる。 第二次世界大戦において大半の戦車戦闘は遥かに近距離でなされていた。 機動力.

2mm砲を装備したT-34はティーガーI の前面装甲を零距離でも貫けなかった。. ティーガーII ( 独: Panzerkampfwagen VI Tiger Ausführung B "Tiger II" )は、 第二次世界大戦 の ドイツ の 重戦車 (70トン級)である VI号戦車 の通称。. 主砲用の特殊砲弾。対ビークル威力に特化した砲弾であり、全砲弾中トップクラスの威力を誇る。 ティーガー i 戦車 通常弾と比べて弾速が落ち、爆発ダメージ・範囲が低下するため対歩兵性能に劣る。敵戦車をしっかり狙える時は迷わず使おう。 硬芯徹甲弾(APCR) 1. More ティーガー I 戦車 images. ティーガーIとは、ナチスドイツ軍で使用された 戦車 である。. その後重戦車大隊に順次配備され、バルジの戦いや春の目覚め作戦といった大戦終盤の戦いに姿を見せるようになる。 しかしティーガーiでさえ1,400両弱が配備されたのに、ティーガーiiの500両弱は如何にも少なく、戦局を変えるまでの効果はなかった. ドイツの「ティーガー戦車」は強かったのですか?もし強かったならエピソードを書いてもらえませんか? >ドイツの「ティーガー戦車」は強かったのですか?はい、強かったです。特に火力と防御力が強く、連合軍に恐れられました。ドイツ=戦車最強のイメージがありますが、第2次世界. 正式名称Panzerkampfwagen VI Tiger Ausführung E、VI号戦車ティーガーE型 制式番号Sd.

本来は海軍で用いられていた傾斜を付けた装甲板に敵の徹甲弾を命中させ、見かけ上の装甲厚をかせぐと同時に敵弾を滑らせて弾くという、ソ連のT34や本車よりもややあとから. DW要求 ─┬─ ティーガー i 戦車 DWI │ │ │ └─ DWII VK系列 ─┬─ ヘンシェル社設計 │ │ │ │ │ └─ VK3001(H) │ │ │└─ VK3001(H) 12. ティーガーの設計は1941年5月に命令が下される。よくソビエトのT-34の対抗の為作られた様に言われるが、設計は独ソ戦の前で対フランス戦の最中、Ⅲ号戦車やⅣ号戦車がフランスのルノーB1bisの前面装甲60mmやイギリスのマチルダI歩兵戦車の前面装甲65mmを打ち抜くことが出来きなかった苦い経験. 8cm、Kwk36L/56砲は通常弾のPzGr39徹甲弾使用でmで84mm、1500mで92mm、1000mで100mm、500mで111mmを貫通した、これは上記の二車をいかなる方向からでも1500m以上でも当たればほぼ1撃で大破に至らしめることができることを意味する、さらにこの砲の照準機には極めて正確なツァイスのTZF9b照準機を装備していた、この砲の射撃の正確さに関し、戦時中にイギリスで行われた捕獲兵器の試射においては、1000mの距離でわずか41cm×46 cm の大きさの標的に5回連続で命中させた記録が存在する。 ティーガー i 戦車 この威力を持って鋼鉄の虎は米ソ連合軍兵士を恐怖に陥れた、それはバルバロッサ作戦でソ連のT-34がドイツ軍のそれまでのⅢ号戦車、Ⅳ号戦車を凌駕し恐怖に陥れたのと同じであった。 そして次々とエースが生まれ、ミハエル・ヴィットマン、オットー・カリウス、アルベルト・ケルシャー、クニト・クニスペル、ヨハネス・ベルター等10名以上の戦車長がこの鋼鉄の虎を駆り100両以上の敵戦車を撃破し、その活躍は伝説的な色彩を帯びて行き、第二次世界大戦中期までは名実ともに世界最強の戦車であった。 ただし大戦後期以降は完全に無敵というわけではなく、イギリスの17ポンド砲搭載型シャーマン・ファイアフライは特に貫通力を高めた新型APDS弾を使えば1500mで前面装甲を貫通できたし、ソ連のIS-2重戦車の122㎜砲は1000mであらゆる方向からティーガーⅠを撃破できた。 それでもやはり重装甲とKwk36L/56砲の威力は絶大な脅威であり、この鋼鉄の虎は終戦まで連合軍に恐れられた。そしてさらに後継として第二次世界大戦通じて世界最強にまで戦闘力を強化. 後期型(砲塔上面装甲板強化、鋼鉄製転輪採用) 1.

ドイツ ヘンシェル社が設計、1942年後期に製造を開始したのが出現当時世界最高水準の重戦車、通称「ティーガーI」である。 WW2初期電撃戦により数多の勝利を上げたドイツ軍はその波に乗るままどんどん進行していった。 その結果遭遇したのはT-34やKV-1と言ったものを含有する旧ソ連の誇る頑強な機甲師団であり、当時ドイツ軍が配備していた型のⅢ・Ⅳ号戦車で歯が立たなかった。 そこでドイツは戦前から計画していた「Ⅵ号重戦車構想」に着手、ヘンシェル社に設計・製造を委任した。 そして完成した生産型がティーガーE型(Tiger typeE)である。 主砲8. ティーガーI型 ドイツ軍の「ティーガー(タイガー)I型」は、1942年8月に登場し1942年までの2年間で1355輌生産されました。 このティーガーI型の総甲板の厚さは最大で10センチほど。. コーティングにより吸着ダイナマイトや吸着手榴弾などが車体に吸着しなくなる。磁力以外にも対応し、見た目も変化する。 接近された時のリスクを減らすことができるが、過信は禁物。 曳光対戦車榴弾 1. 今回は戦車の魅力の一つである 履帯 を組み立てていきます。 戦車模型の履帯には様々な種類がありますが、タミヤのティーガーi(後期型)は 連結式履帯 と呼ばれる1コマ1コマ繋げていくタイプの履帯です。.

第二次世界大戦において最も有名な戦車の1つに ドイツの「ティーガーI」 があります。. 705m 全高:3m 重量:57t(戦闘重量) 速度:整地45㎞/h(1943年秋より38km/h)、不整地20~25㎞/h、標準路上行軍速度15km/h エンジン:マイバッハHL210P45、650馬力(1943年5月よりHL230P45、700馬力) 航続距離:整地約140㎞、不整地約85㎞ 燃料タンク容量:534L 乗員:5名 総生産数:1346輌. ストーリーを少し紹介すると、第2機甲師団第66機甲連隊に所属する、M4A3E8シャーマン戦車「フューリー」には5名の乗り組み員がいる。(「」内は愛称である。) ●戦車長のドン「ウォーダディー」⇒コリアー軍曹(ブラッド・ピット) ●砲手のボイド「バイブル」⇒スワン(シャイア・ラブーフ) ●装填手のグレイディ「クーンアス」⇒トラビス(ジョン・バーンサル) ●操縦手トリニ「ゴルド」⇒ガルシア(マイケル・ペーニャ) ●副操縦手ノーマン「マシーン」⇒エリソン(ローガン・ラーマン) 副操縦手は前の戦いで死亡したため、新兵でほとんど戦争経験の無いノーマンが配属される。彼の最初の仕事は戦車内部の清掃であった。 副操縦手の席は血だらけで、弾丸によってはぎ取られた顔面の肉片がこびり付いていた。・・・・・彼はそれを見て嘔吐する。 戦車小隊が行軍中、ノーマンは戦車を狙う少年兵を撃つのをためらったため対戦車兵器によって先頭の戦車が破壊される。 怒ったウォーダディーは無理やりノーマンに銃を握らせ、捕虜になったドイツ兵を撃ち殺させる。 予定通り、小さな町を制圧した戦車小隊は次の任務である交差点の確保に向かう。ドイツ軍はこの交差点を通過して攻撃してくる可能性が高かった。 目的地に向かう途中、ティーガーIと遭遇する、4台シャーマンで応戦するが、圧倒的な破壊力を持つこの重戦車によって3台シャーマンが破壊される。 「フューリー」は敵の後方にうまく回り込み、防御力の弱い背後からティーガーIを破壊する。 戦車一台となった小隊は交差点に向かう・・・・・・交差点に差し掛かったところ、敵の対戦車地雷によってキャタピラーが破壊され、立ち往生してしまう。 偵察に向かったノーマンは約300名のドイツ兵がこちらに向かってくるのを目撃した、果たしてウォーダディー達は、ここで戦うのか、それとも逃走するのか映画を観て頂きたい。. 第二次世界大戦時のドイツ軍のドクトリンでは、戦車はハーフトラック等により機械化された歩兵と共に前進する物とされていた為、攻撃力と防御力に加えて機動性を持ったバランスの良い(逆に言えばどれかに特化していない)戦車を求めていた。その為、本来ティーガーやその後継たるティーガーII(後述)のような「重戦車」というカテゴリーは、ドイツ軍がそのドクトリンに沿った戦闘を行なえている限り必要性は低い。事実、最初期のティーガー(というかその前身となる車両)は敵の要塞や固定陣地に対する突破用として開発が開始された。つまりティーガーが対戦車戦闘に活躍する機会が大量に存在し、現在まで残る活躍があったという事自体が悪化していたドイツの戦争状況を示している。 車両の開発が開始されたのは、ドイツ陸軍兵器局(Waffenamt)による1937年1月の「30t級 陣地突破用車両」(Durchbruchwagenn =DW) 要求による。これを受けてヘンシェル・ウント・ゾーン社は、III号戦車の車体をそのまま拡大したような車体に、IV号戦車C型の物に似た砲塔ヘ24口径75mm砲を搭載した設計を提案。DWIとして試作車の生産を開始した。DW1の車体は1両分が完成した物の、その時点で陸軍兵器局は装甲の強化を指示。この指示を受け設計が改修され、前面装甲厚を50mmに強化し砲塔をIV号戦車と共通の物(主砲はDW1と共通)としたDWIIの試作が行なわれた。この設計変更によりDWIIの重量は36tへと増加している。 DWIIは車体1両分(砲塔未搭載)が完成した物の1938年秋にはDW計画が凍結され、より先進的な設計を持つVK3001(H)中戦車とVK3601(H)重戦車をDW計画の後継とする事が決定された。このうちVK3001(H)は33t程度の重量になる予定で、前面装甲50mm、側面30mmの装甲を持つ物とされていた。4両分の車体が完成。その後開発中止。完成した4両分のシャーシのうち2両分には後にシャーシの延長改修が行なわれ、12.

ティーガー i 戦車

email: qenaqon@gmail.com - phone:(364) 705-9222 x 7854

スーパー マリオ オデッセイ 犬 -

-> グスタフ セリフ
-> 渋谷 すばる 画像

ティーガー i 戦車 - ファンタジー


Sitemap 1

アイゼル ランス -